会長あいさつ

日本は、世界に例を見ないスピードで高齢化が進み、現在国民の4人に1人にあたる約3,300万人が65歳以上の高齢者となっております。

なかでも岐阜県は、全国平均よりも高齢化率が高く、高齢者の割合が多い県です。

そのような中で、高齢者が可能な限り住み慣れた自宅・地域で必要な医療・介護サービスを受け、人生の最期まで安心して自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築、在宅医療の体制整備が求められています。

一般社団法人岐阜県医師会は、医療・介護・福祉等に関わる多職種間における情報共有、相互連携等の機能補完を図るために「岐阜県包括的地域ケアネットワーク(呼称:はやぶさネット)」を構築しました。

「はやぶさネット」をご利用いただくことで、より効果的・効率的な各種の連携・サービス提供体制となるよう皆様とともに努力してまいります。

一般社団法人岐阜県医師会

会長  小林 博

平成26年12月