認知症を自分らしく生きる

生活課題の具体例

生活課題からの対処法・相談窓口・考えられるサービス

8. 食料品や日用品の買い物に手を貸して欲しい

対処法

A 日常生活は問題なく過ごせるとき(初期)

食料品、日用品を「紙」などに書き本人にわかりやすくしましょう 多くの品物は避け単品で買い物ができるか確認しましょう 本人が行ける範囲で安全な場所にしましょう


B 日常生活に支障が出て手助けが必要なとき(中期)

本人の欲しいものを一緒に探し買い物付き合いましょう (自尊心や精神的な安定につながる) 安全に配慮しましょう


C 全面的な介助が必要なとき(後期)

介護保険の申請を行いケアマネジャーによるケアプランでヘルパーの利用により買い物のサービスを受けることができます ライフサーポート(地域により名称が異なる)で買い物サービスなどの支援が受けられます(有料)

※青色のボタンをクリックしてください。詳しい説明があります。