認知症を自分らしく生きる

生活課題の具体例

生活課題からの対処法・相談窓口・考えられるサービス

14. 毎日顔を洗ったり髪をといたり、時々美容院にも行って、身ぎれいにしたい

対処法

B 日常生活に支障が出て手助けが必要なとき(中期)

毎日やることを貼り紙にし、常に確認できるようにしましょう。心配な方は、地域包括支援センターに連絡してみましょう。工夫の仕方や地域にあるサービスなどを教えてもらえます。


C 全面的な介助が必要なとき(後期)

まず地域包括支援センターに相談しましょう。必要であれば介護保険の申請手続き等の説明や、地域にあるサービスの情報など教えてもらえます。

※青色のボタンをクリックしてください。詳しい説明があります。